猿公記

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢

08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

田倉崎は惨敗 だがしかし… 

FF3クリアして、そういやFF12はクリアしてなかったなと思い出した猿公です

先週は、田倉崎で三好家x足利家の合戦がありました
三好家の一員となった羅門が参加しましたが残念ながら1分もとれませんでした

足利家は、話に聞くと元北条の5垢侍率いる徒党と馬大好きな4垢有名忍者の徒党が主に暴れてました。後の徒党はほとんどなくゲリラ、前線押し上げP狩りN狩りなどやってたようですね。

こちらが守る>止める>成仏>大坂から走ると繰り返してるうちに雑賀郷から走ってきては取り付きってできるので回転数を上げられたらだんだんとなんも出来なくなっていきました。
数の差はあるんだけど、見た目以上に距離の差はでかいと思います。
だいたい合戦に距離の差があるのはおかしいと思ってる一人(普通合戦やるなら戦場の近くに支城くらい作るだろうしコーエのSLGだってそうじゃないかw)なので、東西戦の形式を改良して早く取り入れたらいいのにと思ってます。

三好家のほうは攻めは主にゲリラでした
開幕合戦場人数が同数で押せた陣もあったのですが、2時間もすれば人数差もできてジリ貧に…今回の地形が中陣攻めにくいこともあって一度の失敗が尾を引く感じになってましたね

そんな中で今回羅門がランク3位に
次回はまさに正念場ですが、頑張りたいですね


話は変わって猿公誕生から浅井家実装当時の思い出話でも

-- 続きを読む --
スポンサーサイト
信長online  :  trackback 0   :  comment 2   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。