猿公記

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

ガス欠?!びっくりしたお 


今日は、仕事の都合で帰宅が遅くなりました
しかも帰りにガス欠...もうちょいもつと思った自分がお馬鹿さんでした

で結局帰りが遅くなったのであんまりやれませんでしたが


昨日の日記どおり、鍛冶屋を里から卒業させ浅井家へ仕官させました
その裏で武芸侍もレベルアップ

もどってきたら鍛冶屋をつれて適当に敵を狩って鍛冶屋もレベルアップ
ロットアイテム無し(2アカだと戦闘後めんどくさいw)で楽に狩れる敵を探してましたが、経験の美味しい敵は移動範囲が広くてサクサクかれませんでした
それよりちょっと強い敵になるとペアPLではまだきつかったり…
同じレベルくらいになれば楽だろうなとは思いますが、いまはレベルが低い方が狙われるような気がするのでそれに耐えれる敵でやってます

でも結局眠くなっちゃったので1つしかレベル上がりませんでしたよ

前の鍛冶屋に取っておいた炭などあるのではやくレベル30になって生産したいですがね^^;


さて国勢ですが


上杉家の敵対が三好家と浅井家になってました
これにより疲弊した越後の国力も回復することができると思います
回復して、体制が整えば反撃もありうるということでしたがどのような形で行われるのか分かりません
しばらくは、静観のようですが当家との合戦演習も見据えて国として団結できる場面を残しつつ戦力アップをお互いに図って欲しいと思います


反面、斎藤家の敵対がはずれませんでした、当家から友好をいれていたので斉藤から侵攻が振られていたのでしょう。また伊賀と敵対できなかったのも伊賀が斎藤との敵対を優先したのですが、これがわかりません。
伊賀は一方で上杉との同盟を目指しているようですが、敵対の同盟国と同盟は結べません...先に上杉と同盟してから斉藤と敵対しなければ望む形にならないのだから、浅井家を優先すればよかったはずなんですけどね

このあたり、欲を画いて失敗しないで欲しいところですが…


また、三好家に合戦の負荷が掛かってしまっています
私も援軍にいったときが陣の終わりでなんも役に立てなかったことからダメだなぁと反省してます、次回以降正念場をむかえると思うので支援体制を整えて今度は忍者の一時移籍を含めた形で報いたいなと考えてます


徳川家に対しては、現在のところ静観するしかないでしょう
同盟継続を望むべく一度は要求に応える形を取ったけれども要求がエスカレートするならば協力できない事だってあるはずですし、そのあたり徳川家ならば現実を見失わず大人の国として対応してくると思いますけども…

信長online  :  trackback 0   :  comment 2   

コメント

あーそうそう、ウチのペアPLの変遷

丹は飲んで、装備はしょぼしょぼ、これ基本w
信楽犬(たまに出る白い犬はちと強い)
大なまず(これめっさいい、枯れなくなった)
池之原の大蛇
で、ペア楽勝です。
結構経験も上がりますよ^^

真紀 #1MqZTUZc | URL | 2007.01.15 16:53  edit

>真紀さん
ペアPLですが、今は武芸と鍛冶でやっててレベルはそんな変わらないからPLって言うんじゃない感じw
で、今は屋敷のまわりのド○○コがおすすめだね
池之原の上位がド○○コといった感じです

丹のんで装備もフル装備(攻撃441)してやってる(コレじゃないと連撃で1撃で倒せない)
2~4体なので1回の戦闘で経験8000~15000くらいでいい感じよ
鍛冶はひたすら連射してるから、ロットアイテムがないのが条件なんだよね、あるとめんどくさいから
(仕様変更でロットアイテム増えすぎ…><)

武芸がそろそろレベル上がっちゃうので次の段階へ進まねばならないので、さすがに徒党じゃないときついかなぁと思い始めてます
なので断片徒党にもぐりこませる予定ですw

さるこー #TrcRanvM | URL | 2007.01.16 11:09  edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sarusan.blog10.fc2.com/tb.php/67-0a3a5d70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。