猿公記

露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --   

突入伊勢屋敷24時 

経験うまーな伊勢屋敷なのですが
奥にいるお方こそ飛竜前は最強のボスの一角を担った藤原千方(ふじわらちかた)なのです

この人どういう人かというと

平安時代に千方将軍が四鬼(金鬼・風鬼・水鬼・隠形鬼)を従えて朝廷に対して反乱を起こしたという伝説の人なのですが、鬼達を征伐に行った紀朝雄が「草も木も我が大君の国なればいづくか鬼の棲なるべし」という歌を詠むと、鬼達はたちまちのうち逃げ去り将軍も降伏し斬首されました。


伊賀一帯を治めていたことから忍者の祖とも呼ばれてるみたいですね

そんな藤原さんに挑もうということで行ってきました
ここの屋敷は見破る上に隙間の無いくらいいっぱいいるので奥に行くまでに何度も戦闘を繰り返さないといけないんですよね

そんなんでなんとかたどり着いて戦ったわけですが
反撃で危険な場面もありましたけどかなり安定して倒せました

他にも風鬼、金鬼とやりましたがドロップはなし^^

そろそろまだやったことない黄泉の魔犬行ってみないとね^^
信長online  :  trackback 0   :  comment 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sarusan.blog10.fc2.com/tb.php/9-ac5d0b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。